“特別な日”を楽しめるファッションコーディネート
メジャーデビュー前から多くのメディア、音楽業界から注目され、その後も快進撃を続けているギヴン。4人にしか鳴らせない音楽が、新たにグッズとなってあなたの心に鳴り響く。

GOODS SET LIST

― とある夏のはなし、とある夜のはなし

G1.
ロングスリーブTシャツ
G1.
ロングスリーブTシャツ
楽器とアンプを繋ぐケーブルから着想を得て、デザインに落とし込んだロングスリーブTシャツ。
― 袖にプリントされた“given”の文字は、音に合わせて腕を掲げたとき存在感を放つだろう。間違いなく特別な日の主役となる一着。(編集C)

― 音楽も、思い出も、全部つめこんで

G2.
サコッシュ
G2.
サコッシュ
大容量でコンパクトに収まるサコッシュはライブの必須アイテム。
― ロングスリーブTシャツとお揃いで使えばより気持ちが高鳴るはず。貴重品とワクワク を詰め込んだら、いざライブ会場へ。(編集C)

― 誰かの恋、新しい音楽

G3.
ミニウォレットポーチ
G3.
ミニウォレットポーチ
インパクトのある赤を基調としたミニウォレットポーチは、コインも小物も入れられる優れもの。普段使いもできるアイテム間違いなし。
― ライブ会場に到着したら、ドリンク代を取り出して。あとは開演前のドキドキを楽しむだけ。(編集C)

― きっと、どこへでも行けるから

G4.
キャップ
G4.
キャップ
メンバーも愛用していると話題のキャップ。シンプルなデザインで春夏秋冬使えるアイテム。
― ライブの余韻に浸りながらこみ上げてくるその表情は、帰り道にこぼれ落ちないよう、キャップをかぶって大切にしまおう。(編集C)

― おまえの歌が、刺さって抜けない

G5.
真冬さんちの毛玉“ペン”スタンド
G5.
真冬さんちの毛玉“ペン”スタンド
(Secret Track)
真冬(Gt.Vo.)のペット、ポメラニアンの“毛玉”。ときどき真冬の背後から守護霊のように現れているとメンバー内で話題になっているらしい。その名の通りペンスタンドとして使える便利グッズとなっている。

佐藤真冬(Gt.Vo.)、上ノ山立夏(Gt.)、中山春樹(Ba.)、梶 秋彦(Drs.)の4名で構成されているギヴン。 2019年に『まるつけ/冬のはなし』リリースと同時にメジャーデビューを果たし、新たなスタートをきった。 叙情的な歌詞と魂を直打ちされているようなメロディがオーディエンスの心に刺さり、更なる飛躍を期待する 声が絶えない今大注目のバンド。

© キヅナツキ・新書館/ギヴン製作委員会